印刷

2学年探究発表会を開催しました

2学年探究発表会を開催しました。
 
 令和4年3月18日(金)の5時間目から6時間目にかけて、本校の2学年生徒の探究発表会を実施しました。
本校では、1学年時に基礎探究、2学年時に「SDGs×社会課題探究」、3学年時に自由進路探究という形で、探究活動を毎年昇華させていきます。今年の2年生は修学旅行先である北海道の様々な事業所とコラボし、北海道が抱える社会課題を都立高校の生徒としてどのように解決していけるのかを、一年間かけて探究してきました。先日の中間発表会を経て選ばれた各クラスの代表とテーマは以下のとおりです。(発表順)
 
2-4  代表 武井 美瑛「飲食店経営を成功させるために、私たちができること。」
2-1  代表 松原 矢季「北海道の人口減少を止めるために、私たちができること。」
2-5 代表 西田 豊明「北海道の農業の魅力を高めるために、私たちができること。」
2-7 代表 乃村 海香「北海道防災を作ろう。」
2-6 代表 山﨑 彩花「北海道の貧困問題解決のために、私たちができること。」
2-3 代表 木下 壮太「北海道の農家がこれからも繁栄するために、私たちができること。」
2-5 代表 金子 大翔「北海道のインフラを向上させよう。」
 

データを駆使し、客観的な数字で語っています。
  

東京の高校生として、北海道のために最大限できることを、考えました、。
 

 今回の探究発表会の審査員には、1学年の発表会と同様、以下の4名の先生にお越しいただき、本校が目指す「仮説―検証」型の探究活動で優れている点および今後の課題を講評していただきました。
 
東京理科大学特任教授        臼田 三知永 先生
早稲田大学文化構想学部教授     森 由利亜  先生
東京都教育庁指導部高等学校教育指導課教授 八百板 真弓 先生
東洋大学京北中学高等学校      岡 かなえ  先生
 
 講師の先生方は、昨年度にも探究発表会を見ており、生徒たちがこの1年でどれだけ成長したかを実感されていました。また。生徒たちが北海道のことを「他人事」にならずに、自分が出来ることを真剣に考えていることについて、大変評価をしていただきました。
 このように成長した探究の手法が、来年度は自由進路探究として一人ひとりの進路開拓につながることを願っています。
 

司会進行も、生徒自身で行いました。
 
 
 
 
 
 
 
 
〒171-0044 東京都豊島区千早4-9-21
電話 : 03-3958-0121 ファクシミリ : 03-3959-8590
アクセス