印刷

1学年探究発表会を開催しました。

1学年探究発表会を開催しました。
 
 令和4年3月17日(木)の3時間目から4時間目にかけて、本校の1学年生徒の探究発表会を実施しました。
先日の中間発表会を経て選ばれた各クラスの代表とテーマは以下のとおりです。(発表順)
 
1-6  代表 保谷 崇人「日本のeスポーツの課題について」
1-7  代表 本橋 妹佳「接客ロボットの普及による影響」
1-5 代表 石井 康友「SNS上のトラブルについて」
1-2 代表 田中 美羽「インターネット依存による記憶力と思考力の低下を検証する」
1-3 代表 髙田 瑛仁「日本の若者の選挙投票率は何故低いのか」
1-1 代表 松本 柚衣「アニメやボカロなどの画面のむこうでしか存在しないものが、なぜ人気になったのか。」
1-4 代表 宮城 優奈「安楽死は何故、日本で可決されないのか?」
 

発表トップバッターでしたが、堂々としたプレゼンでした。
 
 そして、今回の探究発表会の審査員には、以下の4名の先生にお越しいただき、本校が目指す「仮説―検証」型の探究活動で優れている点および今後の課題を講評していただきました。
 
東京理科大学特任教授        臼田 三知永 先生
早稲田大学文化構想学部教授     森 由利亜  先生
東京都教育庁指導部高等学校教育指導課教授 八百板 真弓 先生
東洋大学京北中学高等学校      岡 かなえ  先生
 
 この探究発表会に参加している生徒は、全員が4月から探究活動を行ってきているため、その中から選抜された優秀な班の発表に聞き入っていました。2年生に進級する4月からは、修学旅行とコラボした「SDGS×社会課題探究」が始まりますので、この1年間で学んだ探究の手法を大いに活用し、よりよい探究活動にしてくれることを期待しています。

 
社会問題に鋭く切り込む姿勢が評価されました。
〒171-0044 東京都豊島区千早4-9-21
電話 : 03-3958-0121 ファクシミリ : 03-3959-8590
アクセス