印刷

2学年「SDGs×社会課題探究」中間発表会を実施しました。

2学年「SDGs×社会課題探究」中間発表会を実施しました。
 
 令和3年12月14日(火)の3時間目から4時間目にかけて、本校2学年に在籍する全生徒が「SDGs×社会課題探究」中間発表会を実施しました。本校2学年の生徒は、今年度、北海道に修学旅行に行くことから、北海道に関わる以下の探究テーマを設定しました。何度も何度も「仮説―検証」を繰り返しながら、高校生なりに自分たちが、社会課題にどのように貢献することが出来るのかを考えてきました。
 
<2学年探究テーマ>
1組1班        医療機関不足を解消するために、私たちができること。                             
1組2班        環境保全のために、私たちができること。                                         
1組3班        北海道の人口減少を止めるために、私たちができること。                           
1組4班        北海道における自然災害の被害を減らすために、私たちができること。               
1組5班        北海道のリサイクル率を向上させるために、私たちができること。                   
1組6班        北海道の過疎化を止めるために、私たちができること。                             
2組1班        北海道民の雪かきの負担を減らすために、どのような工夫ができるのか。             
2組2班        北海道の災害被害を減少させるために、私たちができること。                       
2組3班        北海道の過疎化を止めるために、私たちができること。                             
2組4班        北海道の雪害を減らすために、私たちができること。                               
2組5班        北海道のインフラを向上させよう。                                               
2組6班        北海道に若者が来るために、私たちができること。                                 
3組1班        北海道の農家がこれからも繁栄するために、私たちができること。                   
3組2班        働き手不足を解消するために、私たちができること。                               
3組3班        コミュニティを弱体化させないために、私たちができること。                       
3組4班        後継者不足を解決するために、私たちができること。                               
3組5班        エゾシカと自然環境が共存するために、私たちができること。                       
3組6班        北海道に第二の東京をつくるために、私たちができること。                         
4組1班        アイヌ文化を継承していくために、私たちができること。                           
4組2班        外来種から生態系を守るために、私たちができること。                             
4組3班        飲食店経営を成功させるために、私たちができること。                             
4組4班        過疎化を止めるために、私たちができること。                                     
4組5班        北海道の過疎指定される町を救おう。                                             
4組6班        北海道の魅力UPのために、私たちができること。                                  
5組1班        海産生物の減少と私たちが今できること。                                         
5組2班        北海道の水産資源を守るために、私たちができること。                             
5組3班        フードロスを減らすために、私たちができること。                                
5組4班        北海道の農業の魅力を高めるために私たちができること。                           
5組5班        農業就労者の減少を止めるために、私たちができること。                           
5組6班        北方領土について私たちができること。                                           
6組1班        北海道の自然を守るために、私たちができること。                                 
6組2班        北海道の貧困問題解決のために、私たちができること。                             
6組3班        札幌への一極集中を止めるために、私たちができること。                                                           
6組4班        札幌への一極集中を止めるために、私たちができること。                          
6組5班        北海道の魅力を発見するために、私たちができること。                             
6組6班        北海道の農家後継者不足を解消するために、私たちができること。                   
7組1班        北海道の農業・漁業の人手不足を解消するために、私たちができること。             
7組2班        コミュニティが弱体化しないために、私たちができること。                        
7組3班        動物と人間が共存するために、私たちができること。                               
7組4班        アイヌ文化継承のために、私たちができること。                           
7組5班        JR北海道の活性化に向けて、私たちができること。                                 
7組6班        北海道防災を作ろう。                                                           
 


班のメンバー全員で、協力しながら発表しました。



難しいテーマにも、果敢に挑戦しました。

 

素晴らしい表現力で、堂々としたプレゼンでした。
 
 
〒171-0044 東京都豊島区千早4-9-21
電話 : 03-3958-0121 ファクシミリ : 03-3959-8590
アクセス