印刷

2学年「SDGs×社会課題探究」 SDGsビジョンで北海道の現状と課題を考えました。

2学年「SDGs×社会課題探究」 SDGsビジョンで北海道の現状と課題を考えました。
 
 令和3年4月28日(水)の4時間目に、本校の2学年では、「SDGs×社会課題探究」を実施し、SDGsビジョンで北海道の現状と課題を考えました。
   まずは担任の先生からブレーンストーミングのやり方を指示し、(1)他人の意見を否定しない、(2)自分の意見を否定しない、(3)なんでも言ってみる(とにかく意見をたくさん出す)という三原則を守りながら、白い模造紙に付箋を貼りました。
   その後、班のメンバーで協力しながら、出された意見の付箋を、「社会」「経済」「環境」の3分野に分類し、班の意見をまとめていきました。そして「2030年の北海道がこうなったらいいな」という視点で、お互いに意見を出し合いました。
   生徒たちからは、「ブレーンストーミングは恥ずかしいけど、やってみると楽しかった」「班のメンバーが意外に深く考えてることに驚いた」「3つのカテゴリーで分類してみると、重複することがたくさんあることが分かった。」という声があがりました。

 
まずは資料を読み込み、自分たちが課題と思うことを一つずつ付箋に書きました。
 
 
出てきた意見を「社会」「経済」「環境」の3分野に、どうやって分けるべきかを議論し、試行錯誤しながら進めました。
 
 
 
 

「SDGs」とは
 正式名称を「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」と言います。2015年9月、国連サミットにおいて採択された国際社会共通の目標であり、先進国、開発途上国を問わず、その達成に向けた取り組みが広がっています。
 
 
 
〒171-0044 東京都豊島区千早4-9-21
電話 : 03-3958-0121 ファクシミリ : 03-3959-8590
アクセス