印刷

H30 校長挨拶

東京都立豊島高等学校長 大山敏

 
 

 

 

 東京都立豊島高等学校は、昭和11(1936)年に東京府立第十高等女学校として開校し、83年目を迎える伝統校です。開校以来一貫して、校是「至誠」の下、文武両道に誠心誠意全力で打ち込む生徒を育成してきました。
 平成28年度から毎年度、東京都教育委員会の「理数研究校」指定を受け、生徒の科学的思考力を高め、仲間と協力して課題を見いだし協働して解決する資質・能力の育成を目指して、科学部を中心に活動しています。また、理科や数学が苦手な生徒のため、定期考査1週間前から理数系学部の大学生に来てもらい、「理数サポート塾」を実施しています。さらに、教育支援体制等構築事業として、学習活動と部活動との両立及び自学自習の学習習慣確立を目的として、土曜日に教室を開放し大学生や教員が質問に答え課題解決の助言を行う「スタディ★ラボ」を、年間27回実施しております。毎日始業前の「朝学習」にもほとんどの生徒が意欲的に取り組むようになるなど、さまざまな学力向上の取り組みの中で、生徒一人一人が着実に一段高い進路志望を実現する体制が整ってきています。
 一方、今年度第51回を数える「弁論大会」、創立40周年の年度から実施している「歩こう会」、練馬文化センターを借り切って生徒が自主的に運営する「舞台祭」などの伝統と特色ある数々の学校行事で生徒の健全育成を図り、穏やかで落ち着いた校風をつくり上げてきました。
 3月には新しい高等学習指導要領が公示されました。基礎的・基本的な知識・技能を習得した生徒が、自らのキャリア形成の方向に照らして、思考力・判断力・表現力等を研ぎ澄ますことを通して知識の質を高め、主体的な学び、他者との関係の中での学びを積み重ね、社会や自然などに対する見方・考え方を深めていく学習活動を可能にする教育活動が求められています。本校では、長年培ってきた教育活動を基礎に、生徒一人一人の主体性を育て、自ら課題をもって学んでいけるように努めます。 
 武蔵野台地の閑静な住宅や大学が近隣に点在する教育環境の中、私たち教職員一同も「至誠」を旨として教育活動に邁進します。

 

〒171-0044 東京都豊島区千早4-9-21
電話 : 03-3958-0121 ファクシミリ : 03-3959-8590
アクセス